So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

奥白髪山 [2019年の山行]

奥白髪山

6月Bランクの例会登山は

曙ツツジや石楠花が咲き誇る

高知県嶺北の名山 奥白髪山




P5050783.JPG

高知道 大豊ICから吉野川沿いに国道439号を走り本山町へ

早明浦ダムの手前からは汗見川に沿う県道6号に入る




P5050680.JPG


冬の瀬から悪路で狭い奥白髪林道を7km走り登山口へ



P5050722.JPG

汗見川コースの登山口からは丸太で土止めした木段が続く





P6060965.JPG

沢沿いに何度か渡渉を繰り返す




P6060970.JPG

やがて天然檜の巨木が林立してきだし

お目当ての石楠花が登山道の両側を覆う



P6060971.JPG

根上がり松ならぬ根上がり檜の巨木や五葉松の大木も見かける



P6060973.JPG

もう6月とあって、お目当ての石楠花は落花の木ばかりで

がっかりしていたが



P6060983.JPG

高度が上がるに連れ1300m付近では花盛り

今年の石楠花は裏年といわれながらも、まずまずの咲具合


P6060990.JPG

橄欖岩の赤い岩肌の山頂1470m


P6060991.JPG

山頂からは、かすみながらも太平洋も遠望





P5050739.JPG

計画会では山頂を往復して、下山後もう1座、奥工石山へ

車で向かう予定だったが林道が荒れて断念

白髪山から竜王峠へ縦走し登山口に帰る周回コースに変更




P6060998.JPG

ブナの大木が点在し、よく刈り込まれた縦走路


P6061001.JPG

竜王峠の鉄塔広場に下り、林道歩きで登山口に引き返した。





nice!(0)  コメント(0) 

剣山クリーンハイク

剣山クリーンハイク


徳島県勤労者山岳連盟が毎年行っている

剣山の清掃登山(最近は聞こえが良いように

クリーンハイクと言っているが)に

21名の会員が参加




今年で45回目となり林野庁から

表彰が現地の見ノ越であったのだが

マイクロバスが早く着いたし

天気もいつまで持つか判らないので

残念ながら参加はパスして早々に出発



こちらは見ノ越駐車場で行われた表彰状授与の場面

DSC_1564.JPG



剣神社の境内にて会長挨拶

手早くストレッチを済ませ

雨が降る前の下山を目指し出発

P6020925.JPG



しかし残念ながら、すぐに雨がパラパラと

西島駅では皆さん、あきらめて雨具着用

刀掛けの松から頂上に向かう予定だったが

大剣神社にある廃材を処理しきれなさそう

なのでヘルプをとの依頼があったので

大剣神社にコース変更

P6020927.JPG




折角 廻ってきたのだが、もう残っていたのは

トタン板や鉄材など手に負えぬゴミばかり

雨の中、ここでお昼にして、雨が止みそうにないので

山頂には行かず、引き返すことに。

P6020926.JPG


駐車場の中で雨宿りして着替えや集金をして早々に帰路へ

天気のわるい中、皆さんご苦労様でした。

P6020928.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

登山教室座学2回目  [行事]

登山教室座学2回目


藍畑公民館分館で行っている登山教室

2回目はロープワークの初歩


ボーラインノット、クローブヒッチ、フィッシャーマンズノット

等を実習し簡単なトラバースでの使い方を実演



IMGP5183.JPG



脚立を立木に見立て、クローブヒッチをかける

IMGP5185.JPG



同じくボーライン結びを立木に見立てた脚立にかける


IMGP5186.JPG



6月8日(土)に行う2回目の実技登山は高丸山



nice!(0)  コメント(0) 

丸笹山と巨樹巡り [2019年の山行]

丸笹山と「つるぎ巨樹巡り」

2019年5月Aランク例会


集合時間には概に参加者が揃い、何時も乍らの早めの石井発

途中、川島などで5名をひろい

マイクロバスは補助席も使っての25名の参加で満車

夫婦池の登山口からは30分ほど早くの登山開始



まずは尾根コースで山頂に向かう

P5230894.JPG



天気は晴天、見通しも良く、風もなくと絶好の山歩き日和

剣山次郎や矢筈、三嶺はもちろん更に綱付など高知の山もくっきり。

P5230899.JPG



予定より早く、一時間もかからず山頂着

P5230898.JPG


帰路は巻き道で夫婦池に帰る。

P5230901.JPG


夫婦池の駐車場で、お昼を食べて次は巨樹巡り

R438号を一宇へ下っていく途中

第1ヘヤピン手前の進入路を300mほど下り、まずは

桑平堂の杉

周囲が何メーターあるか皆さんが手をつないで図っています。

案内書によると幹回りは7,95m

P5230904.JPG



すぐ下の

桑平のトチノキ

こちらは桑平堂の杉より太い幹回り8、5m

P5230905.JPG



次は葛籠堂のカーブを右に入り、農道の終点にある

葛籠のヒノキ

ふつうのヒノキとは違い横に太い枝を何本も出している

P5230912.JPG



河内堂のイチョウとケヤキ見て、さらに438号を下り

赤羽根大師のエノキ

日本一らしいですがエノキの木に馴染みがないので

ちょっと大きさの比較が難しいです。

大師堂の傍には似つかわしくない立派なトイレができています。

P5230917.JPG



赤羽根大師から少し車で引き返した

白山神社のモミ

神社裏のアカガシの巨木は折れて残った幹は

苔に覆われてまだ生育しているのかどうか?

P5230920.JPG



最後は

「吉良のエドヒガン」

この木のある忌部神社に至る道中の脇にはあちこちに

シダレ桜が枝を垂れ下がらし

桜の咲く頃は一面桃源郷では。

P5230923.JPG






nice!(0)  コメント(0) 

風呂塔~石堂山~矢筈山~落合峠 [2019年の山行]

風呂塔~矢筈山~落合峠


5月Bランク例会山行にて

風呂塔キャンプ場跡から火打山・白滝山・石堂山を経て

矢筈山にあがり落合峠に下るコースを実施



キャンプ場跡から風呂塔の山頂はパスして

巻き道をまずは火打山に向かう

木々の新緑の合間にミツバツツジの紫紅色がポイントを。


P5180871.JPG




火打山を越して次は白滝山に向かう。

P5180872.JPG


稜線からは東側の展望が広がり高越山や東宮山が確認できる

P5180875.JPG




白滝山 1526m


P5180877.JPG



心配している雨は持ちそうだが風が強い、突風で時折よろけそうに

P5180879.JPG






石堂神社への白滝山分岐にくると

南前方に最終の矢筈山が見えてきた

P5180880.JPG



石堂山の名前の由来になったシンボルのお塔石

P5180882.JPG



離れて見れば山伏が修行の場とした

お塔石の大きさが実感される

南側は20m以上?の断崖絶壁


P5180884.JPG



P5180885.JPG




石堂山1636m

P5180887.JPG



山名の由来になった矢筈型の双耳峰になっているのがよく判る

P5180888.JPG




久しぶりの矢筈山 山頂1849m


P5180889.JPG



風が強く、じっとしていては身体が冷えるので

途中での小休や昼休もゆっくり取らずに歩いたこともあり

1時間早く14時前には落合峠にゴールイン

落合峠にはしゃれた看板がつけられていた。

P5180890.JPG

今回はマイクロバスを使ったので車を

こちらに回送しておく手間もなく

待っていたバスに乗り込むだけの楽ちん山行だった。









nice!(0)  コメント(0) 

瓶ヶ森 [行事]

瓶ヶ森

一般参加登山教室



今月から始まった一般参加の登山教室

1回目の実技山行は参加者27名で

愛媛の瓶ヶ森に行く。




町道瓶ヶ森線の登山口駐車場にてストレット

お天気は青空が広がる絶好の登山日和


P5110787.JPG



コースは

登山口から瓶壺→白石小屋跡→瓶ヶ森ヒュッテ跡→

女山→男山→登山口へと周回



まずは瓶ヶ森の名前の由来になった瓶壺に

P5110790.JPG



白石小屋跡

P5110791.JPG



瓶ケ森ヒュッテ跡には昨年に建てられたばかりの

バイオトイレと避難小屋が


P5110795.JPG



ロフト付きの避難小屋

しかしながらかってのように東之川から登ってくるのなら

ともかく町道線(瓶ヶ森林道)からの取り付きがほとんど

の現状で避難小屋が必要なのかとも個人的には?


P5110797.JPG





P5110801.JPG



石鎚山を背景に女山山頂へ

P5110803.JPG



丁度お昼頃とあって賑わう女山山頂では集合写真を

撮ったら足早に男山に向かう。途中の稜線では

イシヅチサクラが咲きかけ、イシヅチサクラの名は

知っていたが石鎚山の山頂付近だけの固有種で

こちらは北アルプスなどの高山で咲くミネサクラや

タカネサクラと云われている桜と思っていたら

こちらもイシズチザクラのようです。




祠や神社のある男山山頂

P5110804.JPG


下山後、一般参加の受講者と登山口駐車場にて茶話会で親睦



第2回目の実技山行は山犬嶽です。




nice!(0)  コメント(0) 

笹ヶ峰 [自主山行]

笹が峰

南陵直登コース



P4280712.JPG


ki.png



寒風峠手前の空き地に車が何台も停まっていた

帰りに判ったが寒風茶屋前の駐車場に停めきれなった車が

駐車していたようで連休初日の寒風山は大賑わいの様子

それを横目に平家平の小麦畝に繋がる寒風大座礼林道に

入り笹ヶ峰南陵の登山口に。

こちらは先着は1台のみ、登りだしたら1台やってきたが

寒風山と違い静かな山行になりそうだ。


P4280719.JPG


時期ではあるが岩場が無いこのコースには曙ツツジは

無いだろうと思っていたが思いがけず嬉しい眺めが


P4280704.JPG



笹原の中、尾根の直登コースが続く。

P4280706.JPG






日陰の斜面にはまだ雪が融けきれずに残っているのに

早くも特有の模様をした例のありがたくない長いものが

登山道の真ん中で日向ぼっこ中

P4280703.JPG




枝を四方に伸ばしたブナの巨木

P4280707.JPG



寒風山や伊予富士、その奥右には瓶ヶ森や石鎚

P4280710.JPG





丁度お昼時の山頂は丸山荘経由や寒風山からの縦走コース

の方々がお食事中

咲いていれば西赤石の西斜面を彩る曙ツツジは

まだのようで赤石山にはピンク色が殆ど見えない

曙ツツジは5月の第2週頃から見頃かも。

P4280718.JPG








nice!(0)  コメント(0) 

登山教室 [行事]

登山教室


一般参加の初級登山教室を4月から7月までの間に

座学を4回、実技山行を3回催します。


座学は毎月第4土曜日の14:00から15:30

4月27日 登山の装備・登山の歩き方

5月25日 ロープワーク

6月22日 地図・コンパスの使い方 道迷いの防止

7月27日 登山計画の立て方・気象と安全登山

いずれも会場は石井町公民館藍畑分館にて

尚、15:30からは実技登山の案内・説明になります。


実技は

5月11日(土)愛媛の瓶ヶ森

kamegamori.jpg


6月8日(土) 上勝の山犬嶽

yamainu.png


7月6日(土) 丸笹山~赤帽子山~中尾山縦走

akabousi.jpg

 


徳島新聞に登山教室開催の記事がカラー写真で掲載されたため

問い合わせが、その日のうちに殺到し予定の15人が直ぐにうまり

定員を増やしましたが、それでもなお、受講待ちの方が多いため

今回申し込まれたものの定員オーバーで受講できなかった方

を中心に第2回目の登山教室を秋に開催します。

興味のある方、登山の基礎を学んでみたい方の受講を

お待ちします。問い合わせはメールにて







nice!(0)  コメント(0) 

能勢の妙見山 [2019年の山行]

4月4日 Aランク例会山行

能勢の妙見山


能勢の妙見さんの愛称で大阪や兵庫で、その名を知られ

ハイキングコースも充実している北摂の名峰

妙見山に行く。



P4040627.JPG

コースは能勢電鉄妙見口駅から

初谷ハイキングコースで山頂に向かう。




P4040574.JPG


途中から何度も沢を行き返る個所があり

神戸六甲山で森林公園から市ケ原に向かう途中の

トエンティクロスに倣ったのか、ここも

トエンティクロスと云っているが沢をクロスするのは

15回ほどでフイフテーンクロス

P4040581.JPG


妙見宮境内

平日とあってか参拝客は少なく茶店の営業も?

P4040590.JPG




丁度お昼になったので星稜の傍で食事休憩

P4040594.JPG



帰路は大堂越えでケーブル黒川駅へと下る

P4040603.JPG


農業遺産とやらになっている台場クヌギの林

P4040606.JPG


丁度桜が見頃、山桜も多いが山桜のように葉と花が一緒に

出ていなく小さい花だけの桜の大木が目立つ

エドヒガン桜のようです。

P4040612.JPG

P4040613.JPG



ケーブル黒川駅に着き、花折街道で妙見口駅に帰る。

P4040622.JPG


徳島への帰り道に池田市のカップヌードルミュージアム

い寄ったが春休み中だしNHKの「まんぷく」の影響で

オリジナルのカップヌードルを作るコーナーには長蛇の列

外国人観光客の姿も多かった。

P4040636.JPG




nice!(0)  コメント(0) 

やまなみウォークラリー [行事]

やまなみウォークラリー


島県勤労者山岳連盟の主催による吉野f川市の鴨島駅から

眉山山頂までの30kmと

徳島市名東町僧都から眉山山頂までの10kmを歩く

第35回やまなみウォークラリーが3月31日(日)に

開催され山岳連盟の加盟団体である徳島山と友の会も

毎年恒例となっている眉山10kmコース受付と

鴨島30kmコースのサポートを僧都で行いました。



鴨島駅前で30kmコース受付

徳島マラソンと開催が重ならなかったこともあり

221名が参加

DSCF5182鴨島スタート.JPG




名東町僧都での徳島山と友の会による10kmコース受付
こちらも花冷えを感じる風ながらも好天とあって例年を
大幅に上回る84名の参加、香川の山の会からも団体での
参加があり、30kmコース参加者のチェックやサポート
も重なり大忙しでした。

DSC_0203.JPG



DSC_0204.JPG




眉山山頂ゴール

史跡公園や僧都でのリタイアがあったものの

タイムリミットまでには行方不明もなく参加者は完歩


DSC_0207.JPG



nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -