So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

赤城山 [2019年の山行]

2019年 Aランク夏山山行 

赤城山

1828m




P8091170.JPG

赤城山は妙義山、榛名山と共に上毛三山

と呼ばれる群馬の名山

国定忠治の講談で名が知れているが

赤城山と云う山は無く火口湖の大沼を取り巻く

山々の総称で最高峰が黒檜山

大沼湖畔の黒檜山登山口から出発



P8091172.JPG

稜線に出たところで「アンテナ山の左に富士山」

の標識があったが、目を凝らして見ても、全く

雲に隠れているのか、それらしき姿は見えなった。




P8091175.JPG

岩だらけの登山道



P8091180.JPG

快晴だった空には積雲やすじ雲が出てきて

離れてはいるが雷鳴も聞こえ出したので

山頂でさっさとお昼を済ませ、地元の方が

一押しの2分程先のビュウ―ポイントに移動し

皇海山から谷川岳までを展望しすぐ下山に。



P8091182.JPG

当初は黒檜山をピストンの予定だったが

大岩がゴロゴロしている直登コースなので

標準コースタイムの1時間ではとても下山出来ないし

危ないので大洞登山口に下山することに変更




P8091184.JPG

黒檜山大神の鳥居と祠



P8091186.JPG

目の前の駒ケ岳を目指し南に進む

駒ケ岳を下って行き鳥居峠との分岐を右に



P8091187.JPG

鉄の階段や木道が連続する下り道



P8091190.JPG

 駒ケ岳登山口に降り立つと

直ぐ右側がバスが待つ大駐車場



nice!(0)  コメント(0) 

竜馬脱藩の道 [2019年の山行]

竜馬脱藩の道

2019年7月Aランク例会



IMGP5188.JPG

梼原で百一草園に立ち寄りキレンゲショウマなどの山野草を鑑賞



IMGP5202.JPG

レンゲショウマ



IMGP5245.JPG

ヤマユリ  

この辺りには鹿は居ないそうで剣山のようにキレンゲショウマを鹿が

食べる害は免れているそうだが、イノシシの害はやはり顕著で

ヤマユリも花や茎は食べず地下の球根を張り返して食べるらしい。




IMGP5265.JPG

百一草園でお昼を食べて脱藩の道の方に移動



IMGP5266.JPG

この日も最高気温を更新して下界は35度を超えるとあって

標高800mや900mではいくら山といっても暑い




IMGP5268.JPG

しかも坂本竜馬脱藩の道と宣伝しているので整備されていると

思っていたが、ろくに歩かれていないようで荒れている。



IMGP5269.JPG

そのうえ、あちこちに蜘蛛が巣が張ってあるのでストックで

巣を払いながら歩かないと、たちまち顔に蜘蛛の糸が張り付き

先頭を歩くのは大変


IMGP5270.JPG



IMGP5272.JPG



IMGP5275.JPG

皆さん汗だくになりながら韮が峠に

高知の方言なら「着いたぜよ」かな




IMGP5278.JPG

 このコース、興味があって歩かれるのなら雑草が枯れ

涼しい11月頃がお勧め

              




nice!(1)  コメント(0) 

Bランク夏山 [2019年の山行]

Bランク夏山

立山室堂~薬師岳~折立



P7181062.JPG

美女平からのバス車中では霧雨状態だったが室堂駅

では本格的な雨、雨具の上下を着て、出立



P7181063.JPG

一の越に向かう先には観光客の人影も無し

たどり着いた一の越山荘では学校登山の小学6年生の

団体が下山の準備中

一の越山荘では益々、風雨が強まり夕方の天気予報では

台風5号が進路を東寄りにして北上の予想とあって

天気の好転は望めぬ判断で薬師岳への縦走は中止

翌日は下山に。





P7191076.JPG

翌日、山荘前で記念写真の後、室堂ステーションに向かう

P7191077.JPG

P7191081.JPG




P7191083.JPG

昨日に続き学校登山の集団と行き会う

やはり雄山に登るのだろうが

アノラック程度の雨具の子などは

もうずぶ濡れ状態




P7191084.JPG

美女平~立山間のケーブルカーは運休しているとかで

バスは立山駅まで乗り換えなしで下山





nice!(1)  コメント(0) 

登山教室 丸笹山~赤帽子~中尾山 [行事]

一般参加登山教室

 第3回目 実技登山 


最後の実技登山は夫婦池から丸笹山に上がり

赤帽子山を経て中尾山グラススキー場への縦走コース

受講生の参加は15名

会からは14名の参加


4日前には降水確率が80%の予報でどうなるかと

やきもきしていたのが2日前には20%の曇りになり

実施したものの、薄曇りだった天気は夫婦池に高度を

上げていくにつれガスの中となり夫婦池では霧雨に。





P7061047.JPG

夫婦池の登山口から皆さん雨具を着用して登山開始





P7061050.JPG

1時間かかって丸笹山山頂

もちろん展望は全くなし



P7061051.JPG

丸笹山から下った鞍部で昼食休憩

立ったまま食事などしたことが無い参加者がほとんど

雨具を着たのが初めての方もいるなど雨の中を歩くなど

しない方が多いので雨の中で食事など初体験は当然




P7061053.JPG

雨の中ながら1時間50分の歩行時間で赤帽子山着





P7061055.JPG

2時間の歩行時間で中尾山グラススキー場に到着



P7061058.JPG

結局、しとしと雨と霧雨が交互に続き

終始、雨が止むことなくズボンの裾や

靴を泥で汚してながらも無事に終了

休憩場での茶菓子の接待で皆さん一息つき

バスで帰路につく。


 今回はコンパスの使い方や地図の見方などを

する予定であったが肝心の見晴らしがなく

コンパスを使い地図上で目的地の方向を求める

など一部ができただけだったが。

 雨の中を歩く経験ができて、それもまた勉強になったのでは。

 






nice!(0)  コメント(0) 

登山教室 [行事]

登山教室 実技山行

高丸山



登山教室 第2回目の実技山行は上勝の高丸山


当初は同じ上勝の山犬嶽の計画だったが登山専用駐車場

にバスが上がるまでに何ヶ所か道路幅員の狭い個所があるため

高丸山に変更、週間予報では当日の降水確率が高く

やきもきしていたが雨の予報が前にずれ込み降水確率が20%

まで下がりひと安心。



三ツ尾の峠で小休憩

DSC_0232.JPG



残念な事に山頂はガスって高丸山自慢の展望は全く望めず。

DSC_0233.JPG




11時だが気の早い人は山頂でプチ昼食

DSC_0234.JPG




山頂からは旗立てに下り


ブナの原生林に囲まれた高丸神社前で二度目?の昼食休憩と

座学で行ったロープワークをちょっと復習

DSC_0235.JPG


千年の森広場の研修場前テラスで茶話会

DSC_0237.JPG


登山教室最終の山行は

夫婦池~丸笹山~赤帽子~中尾山高原への縦走


秋季登山教室は9月28日から座学3回、実技登山3回

場所は石井町公民館藍畑分館で行います。

15名ほどの申込みを頂いていますが

まだ若干名の追加が可能です、興味のある方

参加してみたい方はメールにて問い合わせて

下さい。 お待ちしています。







nice!(1)  コメント(0) 

秋季登山教室 [行事]

秋季登山教室


般公募の登山教室には予定定員の15人を超える応募があり

定員を先着順に20人に増やしましたが、15人以上の方に

対応ができていません。

そのため、待って頂いている方々を対象に第2弾の登山教室を

9月から開催する事になりました。


実技登山としては

10月12日 六甲山

  11月 2日 土佐矢筈山

 11月30日 烏帽子山

の予定です。

nice!(0)  コメント(0) 

奥白髪山 [2019年の山行]

奥白髪山

6月Bランクの例会登山は

曙ツツジや石楠花が咲き誇る

高知県嶺北の名山 奥白髪山




P5050783.JPG

高知道 大豊ICから吉野川沿いに国道439号を走り本山町へ

早明浦ダムの手前からは汗見川に沿う県道6号に入る




P5050680.JPG


冬の瀬から悪路で狭い奥白髪林道を7km走り登山口へ



P5050722.JPG

汗見川コースの登山口からは丸太で土止めした木段が続く





P6060965.JPG

沢沿いに何度か渡渉を繰り返す




P6060970.JPG

やがて天然檜の巨木が林立してきだし

お目当ての石楠花が登山道の両側を覆う



P6060971.JPG

根上がり松ならぬ根上がり檜の巨木や五葉松の大木も見かける



P6060973.JPG

もう6月とあって、お目当ての石楠花は落花の木ばかりで

がっかりしていたが



P6060983.JPG

高度が上がるに連れ1300m付近では花盛り

今年の石楠花は裏年といわれながらも、まずまずの咲具合


P6060990.JPG

橄欖岩の赤い岩肌の山頂1470m


P6060991.JPG

山頂からは、かすみながらも太平洋も遠望





P5050739.JPG

計画会では山頂を往復して、下山後もう1座、奥工石山へ

車で向かう予定だったが林道が荒れて断念

白髪山から竜王峠へ縦走し登山口に帰る周回コースに変更




P6060998.JPG

ブナの大木が点在し、よく刈り込まれた縦走路


P6061001.JPG

竜王峠の鉄塔広場に下り、林道歩きで登山口に引き返した。





nice!(0)  コメント(0) 

剣山クリーンハイク

剣山クリーンハイク


徳島県勤労者山岳連盟が毎年行っている

剣山の清掃登山(最近は聞こえが良いように

クリーンハイクと言っているが)に

21名の会員が参加




今年で45回目となり林野庁から

表彰が現地の見ノ越であったのだが

マイクロバスが早く着いたし

天気もいつまで持つか判らないので

残念ながら参加はパスして早々に出発



こちらは見ノ越駐車場で行われた表彰状授与の場面

DSC_1564.JPG



剣神社の境内にて会長挨拶

手早くストレッチを済ませ

雨が降る前の下山を目指し出発

P6020925.JPG



しかし残念ながら、すぐに雨がパラパラと

西島駅では皆さん、あきらめて雨具着用

刀掛けの松から頂上に向かう予定だったが

大剣神社にある廃材を処理しきれなさそう

なのでヘルプをとの依頼があったので

大剣神社にコース変更

P6020927.JPG




折角 廻ってきたのだが、もう残っていたのは

トタン板や鉄材など手に負えぬゴミばかり

雨の中、ここでお昼にして、雨が止みそうにないので

山頂には行かず、引き返すことに。

P6020926.JPG


駐車場の中で雨宿りして着替えや集金をして早々に帰路へ

天気のわるい中、皆さんご苦労様でした。

P6020928.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

登山教室座学2回目  [行事]

登山教室座学2回目


藍畑公民館分館で行っている登山教室

2回目はロープワークの初歩


ボーラインノット、クローブヒッチ、フィッシャーマンズノット

等を実習し簡単なトラバースでの使い方を実演



IMGP5183.JPG



脚立を立木に見立て、クローブヒッチをかける

IMGP5185.JPG



同じくボーライン結びを立木に見立てた脚立にかける


IMGP5186.JPG



6月8日(土)に行う2回目の実技登山は高丸山



nice!(0)  コメント(0) 

丸笹山と巨樹巡り [2019年の山行]

丸笹山と「つるぎ巨樹巡り」

2019年5月Aランク例会


集合時間には概に参加者が揃い、何時も乍らの早めの石井発

途中、川島などで5名をひろい

マイクロバスは補助席も使っての25名の参加で満車

夫婦池の登山口からは30分ほど早くの登山開始



まずは尾根コースで山頂に向かう

P5230894.JPG



天気は晴天、見通しも良く、風もなくと絶好の山歩き日和

剣山次郎や矢筈、三嶺はもちろん更に綱付など高知の山もくっきり。

P5230899.JPG



予定より早く、一時間もかからず山頂着

P5230898.JPG


帰路は巻き道で夫婦池に帰る。

P5230901.JPG


夫婦池の駐車場で、お昼を食べて次は巨樹巡り

R438号を一宇へ下っていく途中

第1ヘヤピン手前の進入路を300mほど下り、まずは

桑平堂の杉

周囲が何メーターあるか皆さんが手をつないで図っています。

案内書によると幹回りは7,95m

P5230904.JPG



すぐ下の

桑平のトチノキ

こちらは桑平堂の杉より太い幹回り8、5m

P5230905.JPG



次は葛籠堂のカーブを右に入り、農道の終点にある

葛籠のヒノキ

ふつうのヒノキとは違い横に太い枝を何本も出している

P5230912.JPG



河内堂のイチョウとケヤキ見て、さらに438号を下り

赤羽根大師のエノキ

日本一らしいですがエノキの木に馴染みがないので

ちょっと大きさの比較が難しいです。

大師堂の傍には似つかわしくない立派なトイレができています。

P5230917.JPG



赤羽根大師から少し車で引き返した

白山神社のモミ

神社裏のアカガシの巨木は折れて残った幹は

苔に覆われてまだ生育しているのかどうか?

P5230920.JPG



最後は

「吉良のエドヒガン」

この木のある忌部神社に至る道中の脇にはあちこちに

シダレ桜が枝を垂れ下がらし

桜の咲く頃は一面桃源郷では。

P5230923.JPG






nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -